水餃子づくり講習会を開催しました

3月3日(土)猿沢公民館にて、今年度最後のイベント、「水餃子づくり講習会」を開催しました。

年度末という事もあり少人数での開催となりましたが、中国のハルピンから嫁いで来られた富樫先生を講師に招き、本場中国の家庭で食べられている水餃子の作り方を教えて頂きました。

スクリーンショット 2018-03-07 11.20.04

 

 

 

 

 

 

日本の餃子といえば焼き餃子のイメージが強いですが、中国の餃子はほとんどが水餃子。

焼き餃子として食べるのは、翌日に余って固くなった餃子を焼いて食べるくらいで、残り物というイメージだそうです。

そして、日本は「おかず」ですが中国は「主食」として食べるそうです。日本のうどんやおそばのような感覚とのこと。

こんな文化の違いをお話ししながらレクチャーを受けるのはとても楽しい時間でした。

スクリーンショット 2018-03-07 11.20.41

 

 

 

 

 

今回は、2種類の水餃子を作りました。

まずは「三鮮餃子」から。豚挽肉に、細かく切ったエビ、ニラ、炒り卵を入れてほんのり塩味をつけます。もうひとつは「大根餃子」。合い挽き肉にみじん切りの大根、人参、ネギを混ぜたっぷりの生姜加えます。味付けは同じく塩を少し。

スクリーンショット 2018-03-07 11.20.50

 

 

 

 

 

 

続いて皮づくり。

薄力粉に水を加えて混ぜるだけ。時間も手間もかからず簡単です。

小さくちぎったら薄く丸く伸ばしていきます。くっつきやすいので打ち粉を忘れずにたっぷりと振ります。

 

スクリーンショット 2018-03-07 11.19.58

スクリーンショット 2018-03-07 11.20.18

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは先程の餡を包んで茹でるだけ。

スクリーンショット 2018-03-07 11.20.34

 

 

 

 

 

 

たっぷりの沸騰したお湯で2〜3分茹でます。

スクリーンショット 2018-03-07 11.20.58

 

 

 

 

 

 

もちもちでつるつるの水餃子が完成!(全部で300ヶ!!!)

つけだれは、醤油にみじん切りのニンニクをたっぷり入れて頂きます。

以前、スイーツ講座で講師をお願いした村山さんに、水餃子と一緒に頂く付け合わせをお願いしていましたので、美味しいご馳走を囲んで昼食会を行いました。

 

スクリーンショット 2018-03-07 11.20.12

 

 

 

 

 

ご参加頂いた皆さん、大変ありがとうございました!!!

今年度のイベントはこれで終了です。一年間大変ありがとうございました。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>